援交アプリでの援助交際が流行る理由とは?

援交アプリでの援助交際に関して、正論と言うか、切なる希望を言わせていただくなら根絶させたいものです。しかし、援助交際は今も尚・・行われている現状です。援交アプリの需要と供給がある以上、様々なところで繰り返されている行為なのです。需要さえなくなれば援助交際など成り立つはずはないのですが、需要者である男性達がいなくなる日が来るとは思えませんし・。

特に援助交際をしている年ごろの女の子は、JKが多く目立ちます。「JKって、そんなにお金が必要なのか?」と思われるでしょう。その答えについては、彼女達の家庭環境や経済的事情などがあり、生活苦の為に仕方なく援助交際をしている子もいるでしょう。

ところが、普通のJKで、何の苦労もない女の子でさえ、援助交際をしているのはなぜでしょうか?親に黙ってピアスを開けたり、あのファンのCDを持っていないと「ショボイ」と思われるとか・・。「援交アプリを知らないの?」的な顔をされる事への不安感があったり・・。とにかく、周囲から浮いてしまう事が嫌なのでしょう。JKらしいと言えばそうなのかも知れませんね。

その一つに、援助交際が含まれているのです。援助交際が悪いかどうかよりも、競争心のようなものが働くのでしょう。「あの子にできて、私にできない事はないわ」「私もしてきたわよ。同じだね」と言う具合におかしな仲間意識があるのです。その結果、「意外とお金になるじゃないの」「これなら、援助交際を時々するのも悪くないわね」とズルズルとしてしまうのです。

このように、お金を手にしてから「また援助交際をすればいいわ」と言う気持ちになってしまうケースがあります。「皆と同じような事をしていたい」と言う気持ちから始めた援助交際は、だんだんとお金に目がくらんで行くのです。JKの中には、おませな子もいて、エッチに強い興味を持つ子もいます。

そのような子はエッチ目的で援助交際するのでしょうが、やはりお金をもらうと、悪くない行為だと思ってしまうでしょうね。エサがないところに動物はいない・・と言われるように、援助交際にも同じような事が言えませんか?エサが男性なのか?

女の子なのか?どちらとも決め難いですが、少なくとも、女の子の肉体を欲しがる男性がいる以上、女の子も男性に応える行為・・援交アプリの援助交際に終わりはないでしょうね。